三線教室ヒーヤーサッサイ!レポート

2018年7月14日 (土)

ありがとう!周ちゃん!追悼会

5月24日から数えてもう四十九日・・・weep

7月11日(水)に『ありがとう!周ちゃん!四十九日の会』

自由が丘のびん玉家さんで開きました。

お世話になった後冨底三線教室の面々&関係者だけでなく、

周ちゃんの東京ファンの方々も駆けつけていただき偲ぶ会が

盛会のうちに終りました。

Img_4865
唄と三線、波照間島の島酒『泡波』で3時間あまりが過ぎました。

波照間島での周ちゃんの生活の写真、沖縄の病院入院中の写真

と共に、

Img_4864
昨年の『ムシャーマ』の時の幾つかの写真も皆さんに見ていた

だきました。

日本最南端波照間島の島んちゅうで、旧盆伝統行事の『ムシャ

ーマ』の地謡を40年近く務めて来た周ちゃんでした。

またハイテンション&ハイテンポの熱狂的ライブも忘れる事が

出来ませんweep

Img_4863
心ばかりの祭壇には、生前周ちゃんが好物だった品々をお供え

しました。

一番は・・・次はカツ丼・・・そしてアメリカンドッグ

牛小屋の冷蔵庫に欠かせなかったチョコジャンボモナカビール

は下の段にお供えです。

さて、座開きは『でんさー節』後冨底家の家訓の唄です。

八重山古典音楽安室流保存会師範

琉球民謡協会八重山古典民謡教師でもあった後冨底 周二

一番弟子にしてこれからの後継者永江 俊昭を中心に、笛は

川崎 明子、唄三線は後冨底三線教室主催の後冨底 頼子

生徒の大垣 里恵子で演奏しました。

続いて故後冨底 一良の嫁にして一番弟子の頼子の謝辞と

献杯で追悼会がスタートしました。

Img_4861_2 そして永江 俊昭による

 師匠に捧げる思い出の唄

 ライブで必ず演奏した『白

 保小唄』で賑やかに始ま

 りました。

Img_4859 続いて長年の友人高井健一

 氏と『やいま』を唄いました。

 周ちゃんが元気だったころの

 数々のライブ演奏を思いだし

 手拍子を打ちながらも胸が

 つまりますweep

 最後はもちろん『とぅばらー

 ま』臨終近い病床でも弟子

 の永江 俊昭と唄っていた

Img_4856 そうです。

 参加者それぞれが周ちゃん

 との思い出を抱いて集まった

 追悼会です。その思いを代

 表して永江 俊昭からの御礼

  の言葉なのですが、

 唄えば涙・・・weep

 語れば涙・・・weep

  沢山の唄と感動をありが

とう!周ちゃん!安らかに・・・はあの世でもしてないだろうなぁ~

Img_4858
そして周ちゃんの男気を可愛がって下さっていた知念 榮先生

鶴見から駆け付けて琉球民謡協会・最高師範が名曲『ナークニー』

を演奏していただきました。

最後は波照間島の国歌!

『波照間ぬ島節』永江 俊昭の元、後冨底三線教室男組のヒロ

テルの三人の演奏の大合唱でお開きになりました。

Img_4862
名残りの尽きぬ面々はそのままびん玉家さんで二次会。

さすがに終電間際に解散となりました。

それでも名残り尽きぬ酔っ払いたちは、

Img_4855
後冨底教室の地元不動前で三次会をして午前2時ころ(かな?)

教室泊り組と帰宅組とそれぞれ帰って行きました。

2018年6月24日 (日)

周ちゃんの追悼記事が!

昨日6月23日(土)朝日新聞夕刊に載りました。

    “唄者・後冨底周二さんを悼む声”

Img_4839
取材をされたのは坂本真子記者です。

以前に高円寺の『抱瓶』の記念企画で周ちゃんのライブを見られ

て感激されたそうです。

とても心のこもった素敵な記事ありがとうございますheart01shine

また、朝日新聞デジタルでも詳しい記事が掲載されています。

(無料配信登録で見ることが出来ますよ)

“牛と暮らし、唄に生きた 波照間の野生児と呼ばれた男”

カメラマンの木村くんの貴重な写真も載っています。

牛飼ってる周ちゃん見たことないでしょ?

元気な時の六本木・島唄楽園(今は店無いですが・・・)のライブ、

今年3末~4月の最後の関西ライブの演奏姿。

   八重山の波照間島の唄者 後冨底周二

病院のベッドで最後の最後まで弟子たちと唄っていたそうです。

7月11日は亡くなってから四十九日になります。

みんな波照間島までは行けないので、東京で追悼会を開きます。

自由が丘のびん玉家さんで、唄三線泡波と涙は周ちゃん嫌い

なので笑顔で偲びます。

その様子はまたここで報告しますね pencil

2018年6月18日 (月)

民謡コンクール、コザの夜

民謡コンクール中の受験本人のストレスは大変sign01

それでも自分の出番が終われば後はまな板の上の鯉。

合格発表まで待つだけです。

ところが付添い人の方は合格発表までずーっと、

交通手段の管理 rvcar

タイムスケジュール管理 clock

受験者の体調管理 flair

発表までのストレスannoy

本人以上の演奏出来の不安 despair

先生方など挨拶回り present

とた~くさんやる事ありますbearing

そんな日々を救ってくれたのが“足立屋”でした happy01 beer

Img_4833
今沖縄で大人気の居酒屋チェーンだそうです。

私たちが毎夜通ったのはコザの“足立屋”ですscissors

毎回『せんベロコース』でスタートdash

好きな飲み物3杯に、モツ煮か串揚げ4本を選べます。

どっち選んでも美味いdelicious beer

何しろ安いsign03

(チビ)寿司5貫盛りで350円 smile 

酒のつまみにジャストサイズgood

(やや小さめ)鉄板ステーキ450円smile

酒のつまみに満足サイズgood

セルフシステムも学び、隣りのテーブルに教えてあげたりちょっと

常連さん風吹かしちゃいました bleah scissors

7日(木)の新人賞が終わった日に行った時は、たまたまエイサー

の実演がありました。

Img_4835
東京から来た常連さんの為に“足立屋”が地元のエイサー隊に

演奏をお願いしたのだそうです。

Img_4836 目の前で見れる本格的

 なエイサーheart02shine

 迫力満点ですhappy01

 夕方の涼しい風に吹か

 れながら飲むビールbeer

 いやいやストレスannoy

癒されますheart01shine つまみシェアしていっくら飲んでも2千円少し。

ホテルには歩いて3分。帰って部屋飲みもOKの近さ。

リベンジ優秀賞受験のユウジさんも“足立屋”で前祝いbeer

Img_4834
翌日の民謡大賞に合わせて、岡山から到着して永江特訓も済ませ

たユミコちゃんの激励会も兼ねて、付添いの永江&ウラマの4人で

ベロ』中です up beer beer beer wine

まぁ結果全員合格でしたので「終り良ければすべて善しsign01

『第36回民謡コンクール』も“足立屋”の夜で締めになりましたend

2018年6月16日 (土)

第36回民謡コンクール!

6月7日(木)からスタートした琉球民謡協会主催『第36回

民謡コンクール』。

7日(木)が新人奨励賞(130名受験)

8日(金)~9日(土)午前が優秀賞(115名受験)

9日午後~10日(日)午前が最高賞(133名受験)

10日午後から民謡大賞(21名演奏)

その後合格発表と言う日程でした。

後冨底教室からは新人賞3名、優秀賞1名、初めての民謡

大賞チャレンジが1名

そして不幸があったばかりの周二教室からは新人賞1名

受験しました。

オール後冨底組にとって今年の民謡コンクールは重い・・・

5月24日にこの世を去った故・後冨底 周二の思いを全員

背中に背負っていますから・・・weep

しかし、みんなよく頑張ったsign01

                 全員合格sign03

Img_4831
clover 後冨底教室の新人賞3人組です。

コンクール終了後にパチリcamera

この時には結果は分かりませんが無事に演奏が終り、長~い

稽古、稽古、の期間も終了。

ようやく 解放 shine happy01 sign01の瞬間 scissors

clover 周二教室からの新人賞エリカちゃんは合格結果を待たずに

石垣島へairplane 同じ周二教室のリュウくんの結婚式の為です。

周二さんの逝去と言う悲しい出来事もあり weep

リュウくんの結婚式と言うお祝い事もありheart04shine 

まさに人生の縮図の民謡コンクールでした・・・

leo 優秀賞は2度目チャレンジのユウジさん。

曲はリベンジ曲で『安里屋節』でした。

この一年の稽古の積み重ねの成果と、メンタルトレーニングで

合格sign01

9日(土)の9時半に会場入室、10時には演奏終り good

速攻着替えてホテルに戻り、ランチ祝杯を上げましたbeer

コンクール写真は無いですが、飲みの証拠写真は次回に報告

しますね happy01 camera

Img_4832
tulip後冨底教室の初・民謡大賞チャレンジのユミコちゃんflairup

八重山の『月ぬまぷぃろーま節』を演奏。

難し~い名曲を唄い切りましたsign03

そして、そして、民謡大賞予選通過 scissors

次は7月22日(日)の『民謡芸術祭』が本選になります。

民謡大賞21名演奏のうち、予選突破は10名sign01

この10名で 民謡大賞 と 歌唱賞 を争います。

ところが coldsweats02 本選の順番のくじ引きで、まさかの1番 happy02 sign01

やっちまったぜユミコ impact bomb

演奏順1番が  と出るか  とでるか・・・・

その答えは7月22日、乞うご期待sign03

2018年6月 2日 (土)

もう初七日が・・・

5月30日(水)もう初七日でした・・・weep

波照間島の民宿照島荘星日出子さんから写真が届きました。

Img_5297
そばカフェあとふそこのテラスに並んだ供花の数々。

Img_5298
周ちゃんの笑顔の遺影の前で演奏しているのは『でんさー節』・・・

後冨底家の決まりです。

今までは周ちゃんが家長

周ちゃんを中心に家族親族が演奏し、

周ちゃんの演奏で踊りました・・・

つい二か月前は両親の三十三回忌を執り行ったばかりなのに・・・

ほんの二か月前は関西ライブツァーで唄っていたのに・・・

  後冨底周二 昭和31年11月27日に

           沖縄県八重山郡竹富町字波照間204

           後冨底家5人兄弟の次男として生れる

           平成3年 安室流保存会教師免状取得

           後冨底周二研究所を主催し後進の育成

           に力を注ぐ。弟子たちと『周ちゃん組』

           幅広い活動を行う。

           平成26年 琉球民謡協会教師免状取得

           急逝した兄一良の東京教室の為に、別の

           協会の教師試験を受ける男気兄弟愛

           八重山と東京不動前と二か所で八重山古

           典民謡の指導を行っていた。

           いやいや、そんな事より『波照間の野人』と

           称された強烈な個性sign01

          一度会ったら虜になってしまう魅力annoy coldsweats02

                      波照間太陽が育んだ

          そこからあの唄が生まれます。

          何十年にもわたって波照間の伝統盆行事

          の『ムシャーマ』の地謡を務めた唄者

          これが後冨底周二でした。

この時代今You Tubuで唄を聞くことが出来ます。

嬉しいやら、悲しいやら・・・

このブログを書いてる私ウラマは、6月7日~10日まで開催

される琉球民謡協会『民謡コンクール』の為、石垣の告別式

の後東京に戻りました。

一良教室から5名 新人賞3名・優秀賞1名・民謡大賞1名

周二教室から1名 新人賞を受験します。

周二一番弟子永江俊昭と二人で力を合わせて全員合格sign01

が目標です。

それが今一番出来る周ちゃんへの手向けの恩返しですrock

生活に根差した八重山の力強い唄を唄い継ぐ事。

周ちゃん~みんな頑張りますpunch

そっちから応援よろしく ~ ~scissors                   合掌

 

2018年5月29日 (火)

サヨナラ!周ちゃん・・・

とうとう、とうとう、この日が来てしまいましたcrying

Img_4807
5月27日(日)石垣島サンレー紫雲閣斎場午前11時・・・

後冨底 周二 告別式の日です。

生前の写真の数々が入口に飾られました。

ウルトラマラソンの後の周ちゃんライブ、みんなと演奏している時、

若い時の二枚目写真、笑ってる時、可笑しいポーズをしている時etc

式場には波照間の波の音の合間に、周ちゃんの唄の数々が流れ、

それが二度と聞けないかと思うと涙が溢れ、あちこちですすり泣きが

聞こえて来ますweep

周ちゃんを偲んで駆けつけた方々。

東京からも、関西からも、沖縄本島からも・・・

石垣市長からの弔辞、琉球民謡協会八重山支部長からの弔辞、

弟子代表永江俊昭の弔辞・・・

多くの、本当に多くの方々のお焼香が続く中、

涙と共に時間は流れweep

出棺の時間が来てしまいました。

Img_4805
我が島八重山』の曲を、

長年の友人 川門正彦(唄三線)

同じく 〃   宮良清晃( 笛 )

一番弟子   永江俊昭(唄三線)

義理の甥   山城篤司(ギター) 

が演奏する中、周ちゃんを乗せた車がゆっくりと走り出しました。

 

車は石垣市の焼き場に行き、2時間後にはお骨となりましたcrying

その後はチャターの高速船に乗って、周ちゃんは波照間に帰ります。

Img_4804

明日28日(月)は生まれ島の波照間での告別式になります。

石垣の告別式で使われた葬儀の品々が船に積み込まれます。

Img_4802
船を見送る私たち・・・

右から周ちゃんの兄、故後冨底一良の嫁頼子(ウラマです)

周ちゃんの一番弟子永江俊昭氏、

唄者としての周ちゃんの長年の育ての親小林理恵子さん、

東京の後冨底一良三線教室の生徒代表で参列・大垣里恵子さん。

Img_4803
安栄8号は波照間に帰る周ちゃんと、家族、親族、友人達を乗せて

離島ターミナルを離れて行きました・・・wave

サヨナラsign01周ちゃん・・・

沢山の唄と感動と笑いに涙、そして忘れられない思い出の数々・・・

ありがとうsign01周ちゃん

頑張って闘った病気から解放されて どうぞ安らかに  合掌

2018年5月24日 (木)

後冨底周二 享年61歳・・・

5月24日午前1時石垣島の八重山病院で後冨底周二が息を

引きとりました weep

享年61歳

今年の11月27日の誕生日を迎えられませんでした・・・

若い、あまりにも短い八重山唄者の人生でした crying

この3年あまり末期肺ガンの闘病生活でした。

それでも沢山のライブを開き唄い続けていました。

3月30日からの『関西ライブツァー』が最後になってしまいま

したが、最後の最後のベッドの上でも唄っていました。

兄 後冨底一良 享年64歳・・・

弟 後冨底周二 享年61歳・・・

向こうで兄弟で『でんさー節』唄っているでしょうか weep

皆様の生前のご厚誼に厚く感謝しながら訃報のご報告でした。

2018年5月15日 (火)

“ふるさと~決勝大会”間近!

琉球民謡協会主催『ふるさと歌自慢大会』の予選が、4月22日

にありました。

これは三部門で3曲の歌を競うものです。

沖縄本島民謡部門 ナークニ 南洋小唄 仲島節

八重山民謡部門   トゥバラーマ 小浜節 安里屋節

宮古民謡部門    伊良部トーガニー 豆が花 なりやまあやぐ

参加人数は38人でした。

Img_4784
会場はうるま市の文化振興センター。

うるま市民芸術劇場の隣り、新しいキレイな建物です。

Img_4783
これが会場です。舞台も広く音響もいいです。

Img_4782
審査員の先生方の席。広々ですね~happy01

Img_4781 笛の金城 司さんも駆け

 つけて下さいました。

 右から藤田しほ美トゥ

 バラーマ大浜永秀先生

 が『安里屋節』その隣が

 金城 司さん。

左が領家輝幸小浜節』の八重山部門メンバーです。

もう一人、昨年の『第19回全島トゥバラーマ大会』の優勝者

山本 藍さんも『トゥバラーマ』で参加されていました。

参加者がクジを引いて演奏順が決まります。

大浜先生は1番!山本藍さんは6番。

そしてうちの2人はナ、ナ、ナント27番と28番の連番sign01

27番しほ美さんの後がテルユキさんbearing

しほ美さんの伴奏とハヤシの後では調弦間にあいませんshock

予想外sign02

それでテルユキさんの伴奏は無しにしましたが、次の自分の

出番の為、『トゥバラーマ』が終わって速攻舞台裏を走ってrun

間に合わせました。

やっぱり何があるか分かりませんね~coldsweats01

Img_4780
38名の演奏が終り、審議の結果18名が予選通過しました。

5月20日(日)の決勝大会は、

6番 藤田しほ美『トウバラーマ』

11番 領家輝幸『小浜節』    に決まりました。

金城 司さんの笛をバックに安心して両名力を発揮できました。

決勝大会もよろしくお願い致しますheart04shine

山本藍さんも勿論予選通過note

これで八重山部門は3人通過になりました。

カズ先生の遺影も一緒に応援していました。

きっと喜んでいることでしょうshineheart01shine

記念写真を一枚camera

5月20日まであと5日sign01

昨日の夜も『ふるさと~』の2人と6月『民謡コンクール』の4人

で7時から9時半まで特訓でした。

お疲れ様 paper beer beer beer

さぁ~後は気持ち良く唄えるように体調管理気をつけましょう。

19日(土)14:35に羽田出発です airplane happy01








2018年4月 4日 (水)

2018年かむろ坂さくら祭り

今年もこの季節になりました cherryblossom cherryblossom cherryblossom

4月1日(日)JR目黒駅から東急目黒線ひと駅不動前、から

歩いて1分桜並木のアーチで有名なかむろ坂 cherryblossom cherryblossom cherryblossom

この日12時~16時までの短い時間ですが、かむろ坂は全面

通行止めになります。かむろ坂のあちこちに地元の味自慢の

お店が出展します。

また区立第4日野小学校の校庭では音楽イベントが開催されま

した。

あとふそこ三線教室も参加2回目sign01

12:35~50と2番目の演奏順。

Kimg0033 今年は桜の開花が早く

 すでに花びらは散り始め

 ています。桜の下出番待

 ち。お天気も良く気持ちよ

いイベント日和です。

去年はまだ肌寒く、桜もまだまだ3~4部咲きでした。

桜ばかりはその年次第。なかなかイベント予定とぴったりマッチ

は難しいですね~ coldsweats01 cherryblossom

20180401
安里屋ユンタ・十九の春・独唱とぅばらーま・うりずんぬ詩

と4曲だけでしたが、新人さんからベテランまで一緒に演奏

出来ました。

演奏後にはカズ先生fuji の遺影を囲んで集合写真camera

Img_4734

楽しく演奏を終えて教室に戻り、ビールで打ち上げ beer beer beer

その後お昼&お酒組は『中華錦』に移動し、4時ころまで二次

会やってました。

cherryblossom これでちょっと一区切りscissors

いよいよ4、5月の『ふるさと歌自慢大会』と6月恒例『民謡コン

クール』に向けて本格始動ですdash dash dash rock


2018年3月12日 (月)

琉球民謡協会・関東支部総会報告

昨日3月11日は《琉球民謡協会・関東支部》の定例総会でした。

今年の会場は霞が関ビルの35階up 初めて登りました~

窓からは東京タワーが見えて、海にかかるのはレインボーブリ

ッジなんでしょうか?心が晴れ晴れする眺めですheart01shine

Img_4608_2 11時からは定例総会です。

 関東支部の現会員は251

 。今年の出席者は160

 名近い人数でした。

 後冨底三線教室からは13

 人の出席です。

 会の進行はスムーズに進み

 12時少し前には恙なく終

 了。続く懇親会に向けて

各自三線の準備です。

何しろ百人を越える人数で合唱三曲を演奏するのですから控室

は大混雑!

懇親会の冒頭に3月11日なので東日本大震災で亡くなられた方々

への黙祷がありました。

Img_4609 『祝節・安波節・歌ぬ泉』の

 三曲の演奏風景です。

 続いて田中秀関東支部長

 の挨拶、琉球新報社東京支

 社長の来賓挨拶、東京沖縄

県人会事務局長の乾杯。

そしていよいよ懇親会前半のスタートです。

13教室がそれぞれの練習曲のお披露目です。

Img_4610_2 一番メンバーが多い麓教室

 が『片田舎』でトップバッタ

 ー。芸達者揃いの明るい

 教室です。

 と言っても人数の多さの

順番では無いですよ。

今回は厳正な【あみだクジ】で決めたとの事です。

Img_4611 2番手山城教室は1曲目の

 『たっくゎいむっくゎい』の次

 に男性陣で『あぬよーたい

 ふの早弾きでバッチリ

 決めました。

Img_4612 3番手片峯教室は女性陣の

 愛嬌が人気 happy01

 『砂辺の浜・娘ジントヨー』の

 演奏の合間には、今チョー

 話題の「そだねー」が入って

会場を笑いで盛り上げました。

高塚教室、知念教室花城教室と続いて前半最後はなんと桑江

知子&琉球パラダイスの演奏がnote

Img_4613
さすがにプロsign01コーヒールンバ』などの曲で会場を華やかにshine

後半は司会のコンビがバトンタッチで演奏が続きます。

運天教室田中教室又吉教室が演奏。

後冨底教室は11番目の出番。それまではそれぞれ落ち着かず

目の前のビールも控えめで順番を待ちます・・・bearing beer

Img_4617 今回の演目は八重山の

 『繁昌節~とぅまた節』に

 しました。八重山の唄の

 教室は後冨底教室だけ。

 八重山の唄を届ける責任

 がありますsign01

全員で合わせることが無かったので、早調子曲をぶっつけ本番でし

た。それでもテンポを合わせて無事演奏終了good

席に戻って全員「さぁ~飲むぞ~beer

まだまだ諸見里・大里教室仲松教室が続き、後半最後は具志川

支部所属の平りんこ先生がお弟子さんたちとの演奏タイムがありま

Img_4619_2 した。それからは飛び入り

 タイムsign01

 こんな楽しい余興にエイ

 サー隊の演奏ありとさす

 がに皆さん芸達者scissors

 あっと言う間に時間が過ぎてしまいました~

最後はお歴々の先生方がカチャーシーの演奏。

Img_4620
もちろん会場のみんなは踊りhappy01

Img_4621 全員輪になって楽しく踊り

 まくってお開きになりまし

 た。後冨底教室から今回

 初参加の3人はこの熱気

 にビックリしていましたcoldsweats01

Img_4618
終り良ければ万事善しheart04shinescissors

外はまだ4時前、明るい中少しお酒が回った面々で帰路につき

ました。

立派に総会と懇親会を運営された関東支部の役員さん会場の

係りを務めて下さった皆さん本当に本当にお疲れ様でしたshine

 





 

より以前の記事一覧

最近のコメント

無料ブログはココログ