« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月20日 (金)

2017年初弾き&新年会②

初弾き会場のスクエア荏原から場所移動です。

700m近いアーケードで有名な武蔵小山パルム商店街ですが、

再開発の大波でwave 駅前の『昭和の匂い』の飲食店街は跡形も

無くなってしまいました・・・

今はブルドーザーの整地の音と、大型トラックが出入りするば

かりです。

40数階建てのマンションが建つとか・・・

『2020年東京オリンピック』開発の影響もあるのでしょうか?

急ピッチの変貌が続きますbearing

さてさて、それでも人で賑わうパルム商店街upup

駅そばの富士ソバnoodle の3階が新年会場のアルバです。

オープンして1年あまり、入口は地味ですがcoldsweats01 味は美味しいscissors

その4階パーティルームが貸切りです。

なんだか家のリビングに居るようなアットホームな雰囲気。

まずヒロ先生の音頭で『泡波』で乾杯。

いつもの三線オトーリに、幹事苦心の三線クイズと盛り沢山up

合間にイタリアンのつまみやサラダやピザなどが運ばれます。

ビールにワインの飲み放題。

ホームパーティっぽいまったり感・・・

Img_4134

お決まり集合写真はバッチリcamera

でもみんなそんなに酔ってないな~

と言うことで、歩いて3分酉の市run run run

この手近な所がまだまだパルムの魅力good

『昭和飲み屋街』は消滅しましたが、まだまだお手軽なお店は

あちこち残っています。

カズ先生fuji 御用達しだった酉の市に13人乱入happy01

カズ先生fuji の写真を囲んで11時近くまで二次会は続いたの

でした・・・moon3

2017年1月18日 (水)

2017年初弾き&新年会①

晴天続きの正月に続き寒波襲来snow

天気も油断できないスタートですね。

さて、カズ三線教室は1月7日からスタートしましたdash

今年は前半『初弾き会』6時から『新年会』の2本立てでした。

『初弾き会』は3時から武蔵小山のスクエア荏原が会場。

サンシン初弾きはもちろん八重山の正月唄『鷲ぬ鳥節note

若鷲が元日の朝の太陽に向かって飛び立って行く大らかな

格調ある唄です。

そして『かぎやで風節』に『赤馬節』とめでたい唄三品でした。

続いては初めての企画『でんさー節唄会』を開きました。

自分で作詞した『でんさー節』を唄うというものです。

昨年内に応募があった11名のオリジナル11曲。

Img_4133
カズ先生の遺影をバックに各自熱唱(?)しました。

トップバッターテルユキさんは『仙台単身赴任のでんさー節』

家族の大切さを唄いました。

2番目は『牛好きのでんさー節』牛好きのチヅコちゃんの牛愛

一杯の唄でした。

3番目はユキエさん『家訓のでんさー節』義父の教えの文字

通りの『でんさー(伝える)』唄でした。本日の3等賞flair

4番目はリエコネーネー『残業終電のでんさー節』はモーレツ

社員の日頃の生活ぶりが唄われていましたよ。

5番目はヨシエちゃん『カズ先生の教えのでんさー節』この日

の1等賞に選ばれましたsign01shine

6番目はシホミちゃん『きんめの煮付けのでんさー節』唄の

通りにやれば、きんめの煮付けが作れるクックパッドのでん

さー節と言うジャンルに挑戦 coldsweats01 した作品・・・

7番目はヒロ先生『卒業生におくるでんさー節』というさすが

学校の先生の作品でした!

トリは八重山の黒島生まれのみどりさん、島言葉で作った

『黒島の暮らしのでんさー節』ふるさとを思い、親を思う唄

はこの日の2等賞になりましたheart01

当日参加できなかった番外編は、

スズキさんの『八重山唄は難しいでんさー節』

ユウジさんの『チンダミ一番ベンベンのでんさー節』

エリちゃんの仕事のポイント『おでんのでんさー節』

がエントリーされていました。

1~3等賞のほか《面白かったで賞》はチヅコちゃん、

リエコネーネー、シホミちゃん、ユウジさん、エリちゃん

が受賞となりましたscissors

Img_4132
これで第一部『初弾き会』が終了。

5時撤退時間に合わせ次はサンシンかついで新年会場へと

パルム商店街の中を移動となりました。   続くsoon

2017年1月 7日 (土)

1/10発売!『沖縄の島唄2017』

緊急最新情報です。by 沖縄タイムス1/7版

1月10日に『沖縄の島唄2017』¥2500が発売になります。

THE BOOMの宮沢和史氏が監修した、沖縄民謡気鋭の

若手9人が名作を唄うと言う内容です。

神谷千尋・幸裕親子の『花笠節』

当山賢理の『廃藩の武士』

与那覇 歩『でぃらぶでぃ節』

よなは徹『南洋小唄』に続き、大城クラウディア仲宗根 創

新垣成世徳里隆行の唄が収録されています。

プロヂュース監修した宮沢氏は、

「これが沖縄の唄と世界に伝えたい。」

と語っています。

20日には那覇の桜坂劇場で発売記念ライブが開催されます。

是非買って下さいsign01

flairまた、宮沢和史氏が提唱している沖縄の民謡の音源を残す

 『唄方プロジェクト』三線の木を残す『くるちの杜100年プロジェ

 クト』については追って情報をお伝えしますpencil

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

最近のコメント

無料ブログはココログ