« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

三回忌 追悼ライブ

カズ先生fuji の三回忌に合わせ、猛急で陶芸の窯焚きを済ませて

駆けつけてくれた永江俊昭さんrun

fujiトシアキ!」 「アニキ!」と呼び合う長年の兄弟仁義sign01

あまりに思いの強い二人はheart04意地を張りあって大ゲンカ shock

カズ先生fuji涙の絶交状crying pencil を書いたのは、知る人ぞ知る

思い出話し・・・

 

8月9日(火)は自由が丘・やいま食堂びん玉屋さん、

8月12日(金)は不動前・サウンドギャラリーSlopeさんで追悼ライブ

をやりました。

このブログは9日のびん玉屋さんでのライブの報告です。

Img_3975
仕事帰りに聞きに来てくれた方々ありがとうございました happy01

太鼓担当の安里みどりの座開きからスタートでした。

永江さんと客席の漫才のようなやり取りに笑ったり、八重山の

唄に聞きほれたりと盛り沢山な一部。

Img_3976石垣島にいるかと間違うような

びん玉屋さんの島情緒溢れる

雰囲気と、八重山直送の魚や

野菜を使った料理の数々。

棚にびっしり並んだ八重山の

                   泡盛がまた壮観ですね bottle scissors

飲んで食べて寛いだところで二部がスタートです。

つぃんだら節』の後は唄の続きを創作した永江オリジナル曲

も歌われました。

実力派の陶芸家と言う面と、八重山の唄者の両刀使いに加え

若かりし頃のバンド活動の名残の作詞に作曲、いやはや多才

な永江さんsign03

カズ先生fuji との長年の友情に胸を熱くしながら唄い終えた、

追悼ライブになりました。

暮れの12月には本業の陶芸の個展が、銀座の芝田画廊で

開かれる予定です。詳細はまたお知らせしますが、こちらも

是非足をお運び下さい。

2016年8月19日 (金)

カズ先生の三回忌

今年から8月11日は国民の休日『山の日』。

その日ってカズ先生fuji命日です・・・

エ~ッ 国民の休日になっちゃたんだ~ coldsweats01

と言うことで8月11日の祝日に『三回忌&コンクール合格祝

』会を開きました。

カズ先生fuji 御用達だった三田の青空に6時集合。

カズ先生の唄のBGMnoteが流れる中まず献花tulipそして二階へ。

幹事さん三人の座開き『鷲ぬ鳥節』でスタート。

献杯と言えばさん、定年退職後はすっかり服装も変わり、

今は日系ハワイ二世のようなアロハな感じ bleah scissors

続いて6月の民謡コンクール合格者の賞状授与式です。

camera 合格メダルを首にかけてハイ、ポーズgood

Img_3974                                       

丹波の山奥からはカズ先生fuji 弟分の永江俊昭さん、岡山から

は実家に戻った桃太郎娘のユミコちゃん、仙台からは単身赴任

中のテルユキさん。

そしてお世話になっている知念榮先生とお弟子さんのマユミさん

が鶴見からと駆けつけて下さいました。

感謝sign01です。

沖縄大浜栄秀先生からは振舞い酒にと泡波 bottleが届きました。

なんと大浜先生はカズ先生fuji と教師試験が同期だったそうです。

Img_3966

また美味しい料理の数々に舌鼓をうっている最中、波照間島から

弟の周二さんから、石垣島からは三男の良浩さんから電話が入り

ましたsign01ありがとう~heart04shine

 

会の最後は締めのくじ引きタイム。

三回忌賞』の泡波一升瓶は岡山から駆け付けたユミコちゃん。

カズ先生賞』の高級カステラは知念先生と幹事のヨシエちゃん。

実は本職は陶芸家『永江賞』の晩酌陶器セットは最高賞合格の

ヒロさん、マリンちゃん、サユリちゃん。

カズ先生妹の『久美子賞』沖ハムセットはアキちゃん。

石垣島からパインを贈ってくれた『良浩賞』幹事のチヅコちゃん、

優秀賞合格エリちゃん、カズ先生の東京の息子と言われるてい

アキラくんにscissors

嫁のアキちゃんの沖ハムセットにデザート石垣パインと明日の

夕食はこれでOKgood

カズ先生の長年の友人ボディビルダーの『田場賞』は沖ハムの

チャンプルーハッシュ。知念先生お弟子さんのマユミさん、

優秀賞組リエコさん、別な協会の新人賞合格したユキコさん、

カズ先生fujiカラオケの友だった太一クン、自炊のおかずに助か

テルユキさん。

後冨底教室賞』のオリジナルハンドタオルは優秀賞組リツコ

さん、ミドリさん、スズキさん、シゲルくんでした。

Img_3973
あっと言う間に時間は過ぎて最後に集合写真を。

ジリジリと照りつける真夏の太陽の中、夢と沢山の思いを残し

64歳で命を閉じたカズ先生weep

その遺志と思いを受け止めたみんながこうやって三回忌に集い

ました。八重山の唄三線で繋がった人のをこれからも大事

にして行こうと誓った三回忌でした。       合掌

2016年8月 7日 (日)

第34回民謡芸術祭

8月に月は変わってしまいましたが、7月24日(日)に開催

された琉球民謡協会主催『第34回民謡芸術祭』に行って来

ました。

23日(土)に那覇入り、25日(月)に帰京の強行日程でしたが

無事舞台を務めることが出来ました!

6月の民謡コンクールに合格したメンバーです。

Img_3955_2
努力と粘りの最高賞ヒロ先生(胸に金メダルshine

Img_3957_2
優秀賞薩摩おごじょのリエコネーネー(胸に銀メダルshine

Img_3953
優秀賞うちなー出身笑顔一杯リツコさん

Img_3958
優秀賞山形さくらんぼ娘のエリさん

Img_3959
優秀賞一番バッターで合格の雰囲気を作ったユリエさん

Img_3961_2

優秀賞合格のジャンボさんは急な出張の為に残念ながら出演が

出来ませんでした bearing

その分も頑張って八重山部門『安里屋節』を全員熱唱しました。

合格者5人がセンター、師範、教師の先生方を左右にして12名

堂々の斉唱でしたsign01

客席から見ていた私ウラマも胸一杯でしたheart01shine happy01

 

民謡芸術祭で競われる民謡大賞前堂淳一くんが受賞。

まだ20代ながらそのチャレンジ精神と舞台度胸は立派でしたsign03

また歌唱賞も若い副島沙弥さんが受賞しましたsign01

来年2017年には創立60周年を迎える琉球民謡協会、大大ベテ

ランの先生方も大勢いらっしゃいますが、こうやって若手が育ち、

また歴史ある『琉球』な名の通り、沖縄本島も八重山も宮古も同じ

舞台で唄の数々を披露出来るのは素晴らしいことだと思いますgood

この『民謡芸術祭』の様子は、旧盆うーくいの日8月17日(水)に

沖縄テレビで沖縄全島で放映されます。

東京では見られないので、後からDVDでゆっくり鑑賞ですね tv

 

来週8月11日は早いものでカズ先生fuji三回忌になります・・・

今年も6人全員合格の報告を兼ねての会を開きます。

きっと一緒に祝ってくれることでしょうheart04shinebottle










« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のコメント

無料ブログはココログ