« 片山鶴子の『琉球を見つめて』 | トップページ | 教室の『心得』 (ニ) »

2013年2月 7日 (木)

教室の『心得』 (一)

2月2日放送の片山鶴子の『琉球をみつめて』でも紹介されま

したが、カズ三線教室には『三つの心得』があります。

今回はそれについて解説をしてみたいと思います。

 

     その一 稽古が一番

三線で一番初めに身につけなければいけないのは、脳みそと

をつなぐ回路を開くことです。

右手も左手も自由に動くようにする。

「そうすると、指先の脳が働き始めるのさぁ~。

   指先にはな、一本一本に脳みそがあるんだ。

   指が考えて、音を探す、音を作る。

   舞台に立ってな、頭が真っ白になってしまう時がある。

   その時には指が弾いてくれる、教えてくれるんだ。

   そこまでなるには何が必要か?

   稽古さ!稽古しかないんだぁ~。」

 

次に大事なのは を開くことです。

私たちの二つある耳は、日常生活では必要な事だけ、聞きたい

事だけを無意識に選んでいます。

ですから『ただ聞く』だけに数分集中するのは以外に難しいです。

一曲の音楽を聞いて、その中の『音』だけに意識を集中させてみ

て下さい。

聞いてるうちに頭は別な事を考え始めませんか?

「聞け!聞け!よく聞け!

  聞かないヤツはチンダミが出来ん。

  チンダミは心臓ダァ~。

  心臓がしっかり動かなければ、音は死んでしまうんだゾ。

  音楽に血が通わないんだ。

  チンダミが出来る、血が通う音楽にするには何が必要か?

  稽古、稽古しかないのさぁ~。」

ちなみにチンダミとは三線の三絃の音を調弦することです。

 

沖縄では『唄三線』と言われ、ありきです。

右手も左手もなんとか動くようになりました。

稽古中はカズ先生の唄を聞き、普段はCDなどで唄を聞き、

漢字ばかりの工工四(楽譜)通りにツボも分かるようになりま

した。その後に待っているのが弾いて唄うハードルです。

これが大変

最初の頃は三線を弾くので手一杯。唄う余裕などありません。

そしてようやく唄うと手が止まってしまい、どこを弾いているのか

訳が分かりません・・・                              

そして少しづつ弾いて唄えるようになりました。

次は工工四無しで弾いて唄います。

それが出来てようやく人前で披露できるようになります。

 

「稽古場では唄三線の要領を教える。

   それから先は自分の稽古しかない。

   週に一回通ってすぐに出来るものでもない。

   上達するのは三線を弾く回数次第。

   上手い下手じゃない。

   自分のものにするにはどうしたらいいか?

   一曲千回やれば誰でも出来るさぁ~。」

 

       『心得』そのニ に続きます。

 

 

 

 

 

« 片山鶴子の『琉球を見つめて』 | トップページ | 教室の『心得』 (ニ) »

教室紹介・教室ナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 片山鶴子の『琉球を見つめて』 | トップページ | 教室の『心得』 (ニ) »

最近のコメント

無料ブログはココログ